大学生の一人暮らし部屋選び【インターネットを活用して情報収集】

Menu

利便性や広さ家賃で選ぶ

インテリア

通勤や通学や生活から検討

立川は東京や新宿などの都心部に電車1本でアクセスでき、通勤や通学、買い物やレジャーにも便利な立地にあり、駅前には商業施設や商店街なども充実し、都心部に比べると物価も安めで暮らしやすい地域と人気です。立川で賃貸マンションを探す場合、暮らす人数や家族構成などにより立地や間取り、設備などを検討していく必要があります。一人暮らしやディンクス世帯の共働きなどの場合、通勤がしやすい駅近でワンルームや2DKなどの賃貸マンションが便利です。一方、子育て中のファミリー世帯の場合、パパやママの通勤も気にしつつ、お子さまの学校に近い、お子さまが安心して遊べる地域などに3LDKクラスの賃貸マンションを探すのがおすすめです。立地や間取りはもちろん、家賃も気になるところですが、一般的に駅に近く、徒歩で直ぐの場所ほど家賃は高く、歩いて時間がかかったり、バスに乗る必要があるほど安くなっていきます。また、駅から離れるほど広めの物件が増え、ゆとりある間取りや広さの物件をお手頃な家賃で借りられるケースも増えてきます。そのため、駅近の利便性を重視するのか、家賃を抑えて広めの間取りを選ぶのかといった選択の方法も考えられます。立川で働き電車通勤の必要がない、定年退職後の移住で通勤の必要がない、運動不足解消のために駅まで少し歩きたいといった場合には、立川駅から少し離れた格安の家賃で広めの賃貸マンションを選ぶのも1つの選択肢になります。

Copyright© 2018 大学生の一人暮らし部屋選び【インターネットを活用して情報収集】 All Rights Reserved.